2017年9月1週号

今月の近代史Ⅺ

維新という名は美しいが実態は極めて醜悪であった
幕末から明治の事実が卑劣な者たちによって、ねじ曲げられたことは日本をけがすものである。
この原因は明治政府の主導者たちが自分を美化し、事実をねじ曲げて書きかえた記録をもとに、後世に膨大な数の物書きがこれを歴史事実として固定化し、映画やドラマがその通りに描き、それが日本近代史であると大うそを教えてきたことにある。そのため日本人は、優れた人格者の名前と業績を知らず、まったく無駄な名前の数々をたたきこまれてしまった。
ドイツと日本の大きな違い
ドイツでは至る所にナチス時代の悪行を記録し、目に見えるように展示している。また、経済成長で得た国富、勤労者が納めた税金の一部を戦後70年以上経った今でも賠償に回し続けている。また、謝罪を続けている。戦犯者が見つかった場合は法の裁きを受けさせている。こうした地道な努力によって周辺国と強固な信頼関係を築いた。ところが日本では、戦争犯罪を美化し、日本人が犯した罪業を語ると「自虐史観」というレッテルを貼って威圧して黙らせようとしている。真実の歴史から目をそむけ、大うそで書きかえた歴史を真実であると国民を愚ろうする政党等が大手をふっている。日本人は歴史を正視して、目を覚まさなければならない。残念なことに、欧州、アジアでは日本について「歴史認識をめぐり頑迷な態度を崩さず、周辺諸国と融和しようとしない国」というイメージが定着している。
リー・クアンユー:シンガポール初代首相(シンガポール建国の父)
1942年シンガポールを占領した日本はシンガポールを独立させる計画は皆無であった。
日本占領の3年半、私は日本兵が人々を苦しめたり殴ったりするたびに、シンガポールが英国の保護下にあればよかったと思うものである。
同じアジア人として我々は日本人に幻滅した。日本人は、日本人より文明が低く民族的に劣るとみなしているアジア人と一緒に思われることを嫌っていたのである。日本人は選ばれた民族であり遅れた中国人やインド人、マレー人と自分たちは違うと考えていたのである。
植民地主義
1873年(明治6)1月薩長政府がアジア侵略するため、山県有朋によって徴兵制が発令された。
1881年(明治14) 国民の監視と弾圧する目的で憲兵が設置された
第一の史実 1857年薩摩藩主の島津斉彬(なりあきら)は台湾を占領する意図があった。→征台の役(1874年)によって岩崎弥太郎が莫大な軍事利益を得る。
琉球資料によると1609年島津家久は琉球を武力併合した。これは薩摩藩の単独行動であった。薩摩藩は琉球民に対して過酷な奴隷労働を課した。幕末には奄美大島・徳之島・喜界島で強制労働によってサトウキビ栽培で砂糖を買い占め、巨富を得た。
征台の役の目的は琉球を日本が領有することで行われた。辺野古の基地建設など、現在まで続く沖縄県民の苦悩の発端は明治にあった。琉球王国の変遷は次の通りである。
1872年(明治5)9月14日日本と清国の両方に属していた琉球を日本が一方的に日本の領土とした。
1874年(明治7)5月22日日本が台湾に出兵。琉球民が台湾で殺されたことを言いがかりにして、清国に琉球が日本領であることを認めさせた。
1879年(明治12)3月11日琉球処分。明治政府は琉球へ軍隊を送り込み、武力で威嚇し日本に編入した。
そして現在、沖縄辺野古で、日本政府が機動隊、海上保安庁の暴力を導入して基地建設を進めていることに対して、沖縄県民からは「第二の琉球処分だ」と烈しい怒りの声があがっている。

第二の史実 現在の朝鮮半島に韓国と朝鮮と二つの呼び名があるのは次の通り 1401年  李王朝は中国・明朝の皇帝によって「朝鮮」と定められた。豊臣秀吉の朝鮮出兵という戦乱時代を経て、徳川260年間は平穏であった。
1897年  日清戦争(1894~1895)の余波を受けて、大韓帝国と改称された。
1910年  日本が韓国を植民地にして、再び朝鮮と改称された。
1948年  米ソ対立のため南北朝鮮が分断され、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国となった。
明治政府の征韓論は幕末の尊王攘夷思想平田篤胤と吉田松陰たちが唱えた朝鮮進出論に原因があった。『古事記』『日本書紀』の架空の伝説をもとに、古代日本は朝鮮を支配していたというデタラメの妄想を主張した。これを実行したのが、維新の功労者と言われる薩長のテロ集団である。
アジア侵略の総本山〈松下村塾=教育する場ではなく、テロ集団の談笑する場〉を2015年に「明治産業革命遺産」に組み込んだのが安倍晋三である。産業革命とかけ離れているものがなぜ選ばれたか理解に苦しむ。また、萩反射炉は失敗に終わったにもかかわらず登録された。長州が早くから産業・文明に寄与したような幻想を与えている。伊豆韮山反射炉、岩手県釜石の高炉、佐賀の三重津海軍所などは明治時代でなく、徳川幕府時代の遺産である。
安倍晋三に電波ジャックされたNHKでは籾井会長のテコ入れにもかかわらず大河ドラマ「花燃ゆ」は低視聴率に終わった。
木戸孝允の陰謀
徳川時代対馬藩は朝鮮と親善外交をしていた。1607年徳川家康は朝鮮との国交を回復して、対馬藩が外交窓口となり、釜山に対馬屋敷を持ち、ここが徳川時代の唯一の在外公館であった。
明治元年12月11日明治政府は朝鮮に開国を求めるため、対馬藩に国書を持たせ出発させた。木戸孝允は対馬藩が出発3日後、明治元年12月14日に岩倉具視に進言し「朝鮮に鎖国の無礼をわびさせ、謝罪しないならただちに兵を送って朝鮮を攻撃しよう」と言いがかりをつけて侵略しろとけしかけた。
外交使節が朝鮮に到着する前から武力攻撃の陰謀を企んでいた。明治8年朝鮮侵略を実行した。
日清戦争〔1894年(明治27)~1895年(明治28)〕
清国商人を朝鮮から追い出して利益を確保することが目的であった。福沢諭吉は「文明と野蛮の戦争であり、文明国日本にとって、清との戦いは正義の戦いである」「日本人は重税その他あらゆる犠牲に耐えて、軍備拡張に全力をあげ、清国との戦争に備えるべきである」と主張し、山縣らとともに軍国主義をあおった。1895年(明治28)1月14日戦争のどさくさにまぎれて「尖閣諸島」を日本領土に編入した。
「台湾」を割譲し、沖縄の日本領有権を認めさせた。日本軍人の膨大な死者(13825人)を犠牲にし、また、1年分の予算を戦争に使った。これは国民が厳しい労働の末に稼いで納めた税金である、軍国主義者(財閥)のフトコロにそっくり入った。日本は朝鮮に対し経済侵略を行い、朝鮮商人と清国商人が一掃され、米、大豆、金を求めて荒らしまわった。当然のこととして烈しい反日抵抗運動が続いた。
閔妃(みんび)暗殺事件  朝鮮王妃
朝鮮とロシアが手を結んで日本の勢力を排除しようとする動きがあった。そこで、1895年(明治28)10月長州出身の公使三浦悟楼と熊本出身の安達謙蔵が閔妃を暗殺した。日本は天皇制の国ではなかったから、薩長のテロ集団は「尊王」と叫びながら、御所に大砲をぶち込み、また、徳川将軍家茂を暗殺したり孝明天皇暗殺その子睦仁を暗殺して闇に葬ってしまった。しかし、自国の王妃を殺されて黙っている国民がいるはずがない。
薩長のテロ集団は国内、国外でもやりたい放題の悪行を行った。21世紀においても悪行が続いている。
次月へ続く

310

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2017年9月2週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

■『視線』

人の視線は思い描いた未来のイメージを想像して見るときは右上に動くことが多くなります。
そして、記憶の中にある過去のイメージを思い出して見るときは左上に動きます。

ためしに周りの人に次のように質問してみてください。
「昨日の夜は何を食べた?」
すると視線は左上に動く人が多いはずです。

「10年後のあなたはどうなっていると思う?」
と質問してみてください。
すると視線が右上に動く人が多いはずです。

そのため人はイメージ的には視線の右側にあるモノを未来的に感じ、左側にあるモノを過去的に感じてしまいます。(右利きの場合)

ということは商品説明や交渉の席で相手に自社商品を魅力的に見せて、競合商品を時代遅れに見せるにはどうしたら良いでしょうか?

・・・そうですね。商品を見せる場合には相手の視線の右側に自社商品を掲げ、相手の視線の左側に競合商品を置くと良いです。相手はあなたの商品を新しいイメージで捉えはじめ、相対的に競合商品を古臭く感じてしまうことになります。

同様の理由でプレゼンテーションやパブリックスピーチの場での自分の立ち位置にも注意をしましょう。
過去の話や競合の話をする時は下手側(聴衆から見て左側)に立ちます。未来の話や夢、自社のことを話す時には上手側(聴衆から見て右側)に立ちます。
たったこれだけのことでもあなたは相手に影響を与えることができるのです。


311

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2017年9月3週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

■『私は人に好かれない』

「どうも私は人に好かれない」・・・そう悩んでいる人は案外多いです。

もちろん、人に好かれることが全てではないので好かれてなくてもいいのですが、もし「どうも私は人に好かれない」そう悩んでいる人はちょっとの時間でいいので考えて欲しいのですが、あなたが無意識に好意を頂く相手というのはどんな人でしょう?その人の顔はどんな表情?目はどんな目をしている?口元は?ひたいは?身体の向きはどう?腕はどんな感じで動くでしょうか?歩き方はどんな風でしょう?大きな声?それとも小さな声?声の高さは?話す早さは早い?それとも遅い?その人はおしゃべり?寡黙?その人の身体はどんな感じでしょう?硬い感じ?柔らかい感じ?熱い、それとも冷たい感じでしょうか?

そして、それらはあなたと比べてみてどうでしょうか?同じ感じでしょうか?それとも違うでしょうか?
「私とその人は違う。そういう人は生まれつき人に好かれるタイプなんだ。だから、私とは違う」・・・という方もいます。人に好かれる人は生まれつきそんな表情で、あんな声で、そんな雰囲気を持っているのかもしれません。

先日、笑顔の素敵な人に会いました。その人の笑顔は人を魅了する笑顔。
その人が居るだけで周りがぱ~っと明るくなります。だから、その人の周りには人がたくさん集まっていました。その人は生まれつきそんな表情で、あんな声で、そんな雰囲気なのかもしれない・・・だけど、違うらしいです。

その人は毎日鏡の前で笑顔の練習をしていると言っていました。
そして、本当は人見知りなのだそうだそうです。その人は生まれつき
そんな表情で、あんな声で、そんな雰囲気だったんじゃないわけです。

人は練習を繰り返せば、変われるのかもしれません。

312

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2017年9月4週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

反応の良いキャッチコピーを書くためのコツはお手本となるコピーをマネして、自社に応用することです。今回は雑誌、新聞、サイトや書籍タイトル等で見つけたお手本となるキャッチコピーを紹介させて頂きますので、あなたの会社やお店でのコピー作りの参考として下さい。

■『娘からほめられました』

お父さん、お母さんは息子や娘からほめられると嬉しいものです。
そして、おじいちゃん、おばちゃんは孫からほめられると嬉しい。
人にはほめられると嬉しい相手がいます。
だから、
「久しぶりに帰省した大学生の息子からほめられました」
というコピーから誘導して、女性向け美容化粧品の効果を紹介することができます。

「6歳の孫からほめられました」
というコピーから誘導して、年配者向けのIT講習会のPRにつなげると効果的な広告コピーが作成できます。

「上司に字がきれいだとほめられました」
というコピーからペン習字や書道講座のPRにつなげることができます。

「おばあちゃんはいつもオシャレ!と孫からほめられました」
というコピーから誘導して、ウィッグやネイルサロンのPRにつなげると効果的な広告コピーが作成できます。

「娘からパパかっこいい、とほめられました」
というコピーからファッションコーディネイトやヘアメイクのPRにつなげることができます。