2017年11月1週号

今月の近代史13

日本工業倶楽部(経団連の前身)1917年(大正6)3月10日設立
日本の長者は呉服商、両替商と職人技術によって、「商業」が先導役となってきた。明治時代になると、長州テロ集団はアジア諸国を侵略したことにより軍事産業が隆盛を誇り、また、西洋文明に追いつけということで、積極的に機械化され、「工業」が産業の柱となった。日本最初の組織として、日本工業倶楽部が創立された。1922年には日本経済連盟会が設立され、これが現在の経団連となった。財閥代表者の集団で「資本家の御殿」と呼ばた。
政治経済に支配された新聞
新聞創刊者の思想が高くても、財閥や政治家は新聞を商売や国民を洗脳する道具として利用した。
【郵便報知新聞】前島密の支援を得て、小栗上野介の右腕を務めた栗本鋤雲(じょうん)が主筆として民権派新聞の雄となった。戦時中に正力の「読売新聞」に合併され御用新聞になりさがってしまった。
【中外新聞】1868年、幕臣出の柳河春三が創刊した。長州明治政府の無能でファシズム体制を批判し続けた。民衆の立場に立って、世のあるべき姿を論じた。たびたび廃刊に追込まれては復刊し、最後は長州政府によって発行禁止となってしまった。
【万朝報】(よろずちょうほう)1892年、黒岩周六が設立し、東京で一番の発行高を誇った。反権力の砦としてすぐれた文士(幸徳秋水、斉藤緑雨、堺利彦、岡田嶺雲)を集めていた。廃刊に追込まれた。
【改進新聞】1886年に発行部数で一番になったが、廃刊に追込まれた。
【朝野新聞】(ちょうや)幕府最後の外国奉行の成島柳北を社長に迎え、末広鉄腸を編集者として、長州明治政府批判を続けた。
政府批判をしただけでたびたび投獄され、最後には乗っ取られて、御用新聞となったり、姿を消した新聞社が数多くあった。
2017年現在でまともな新聞は沖縄の琉球新報と沖縄タイムス、次に望月記者が所属している東京新聞しか見当たらない。
桐生悠々(きりゅう ゆうゆう)信濃毎日新聞主筆
〔関東防空演習をわらう〕1933年8月11日信濃毎日新聞社説
わが国が総動員で敵機を迎え撃っても、敵機は爆弾を投下する。そうなれば木造家屋の多い東京市は一挙に焼土と化する。狼狽した市民は逃げまどい、阿鼻叫喚(あびきょうかん…悲惨でむごたらしい)の一大修羅場を演じ、関東大震災当時と同様の惨状を呈するであろう。しかも空襲は幾たびも繰り返される。つまり敵機を関東の空に迎え撃つということは、わが軍の敗北そのものである。そのような防空演習を行うことは滑稽である。夜襲に対して灯火管制をすれば、かえって人間を狼狽させるだけである。要するに航空機は空襲したものの勝利であり、空襲されたものの負けである。
清沢冽(きよさわ きよし)1920年 中外商業新報、東京朝日新聞を経て1929年評論家
1935年 「現代日本論」で「注入主義の教育は、何が善であり、何が悪であるかということを内容も検討せずに教え込む」「詰め込み教育の危険なのは、物を批判的に見ず、ある既成観念を固守する結果、社会的に討議して、斬新的進歩の道をとるということが困難だ」と

日本の教育を批判している。
「日本の新聞の欠乏しているのは、リベラリズムの立場が無いこと」「リベラリズムの無い国の新聞というものはとにかく一方的なニュースしか伝えない」「ジャーナリズムだけには両方の立場を公平に報道するというリベラリズムが必要である」。わが子に与うでは「お前にはただ一つの希望がある。それはお前が相手の立場に対して寛大であろうことだ。そして一つの学理なり、思想なりを入れる場合に決して頭から断定してしまわない心構えを持つことだ」
しかし、日本は多用な意見を容認しない。元来、批判なしに信じる習癖をつけられてしまった。
一国の政治が低能無知な人間に落ちてしまったことが大きな原因である。
教科書疑獄事件→国定教科書制 1902年(明治35)12月
国民意識を統一させる(洗脳)必要を感じた時、若年教育に手をつける。政府は教科書を国定化することで国民を思うがままに導くことができる。
当時、国定化する場合の最大のネックが既存の教科書会社であった。表面的理由は教科書販売において贈収賄が絶えないというものであった。国定教科書は学問の自由、表現の自由を制約することは明白である。疑惑は列車に置き忘れた一冊の手帳で教科書会社の社長のもので、贈収の事実が記載されていた。そして教科書会社が一斉検挙された。これは国定教科書にするため仕組まれたものとみられている。1890年(明治23)10月30日に発表された“教育勅語”と連動して、洗脳、遇民化政策が行われ自由民権思想が起きないようにした。
2006年“教育の憲法”と言われている“教育基本法”が安倍自民党たちによって壊されてしまった。そして、“教育勅語”が閣議決定されてしまった。そして、“権力を暴走させない”ために存在する〔憲法〕を破壊する動きが加速している。よく言われるのは9条だが新設される“緊急事態条項”ができてしまったら、暗黒・恐怖政治になることは明白である。
9条に関心を向けるため北朝鮮の脅威(ミサイルが飛んできたら強固な建物に避難。B29を竹やりで突けと同じ発想)を前面に出して、本命の緊急事態条項を憲法に新設するこが目的である。
NHKを筆頭に報道各社は安倍自民党の悪事を国民に伝える義務があるのに放棄している。 憲法が壊されて全体主義国家(恐怖)になることは明白です。自民党やマスコミの口車に乗ってあなたが憲法を壊すことをしたら自分の子や孫を不幸することは確実です。

緊急事態条項
①基本的人権がなくなる ②全体主義国家になる ③国会の同意がいらない。自民党のやりたい放題 ④法律と同じ効果を持つ政令の制定が可能 ⑤総理大臣が予算措置を行える ⑥緊急事態の期間に制限がない ⑦内閣は衆議院の任期を延長できる ⑧地方自治がなくなる ⑨三権分立が機能しなくなり、行政=内閣のやりたい放題、司法と国会は形骸化 ⑩集会・結社・言論・報道の自由がなくなる ⑪居住の自由や財産権が制約される

言いたいことを言っているのではなく、言わねばならないことを言っている。できるだけ多くの人に事実を知ってもらいたいという思いで書いています。これは恐怖でもあり、大変な苦痛でもあります。自民党、官僚は日本及び国民の安心な生活などは一切考えていない。自分たちの生活だけしか考えていない。NHKを筆頭に報道各社は自民党応援団の御用学者、御用ジャーナリストを起用して、国民にウソを信じこませている。憲法で表現の自由があるにも関わらず、これはいかがなものか。

318

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2017年11月2週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『笑顔は最良の戦略』

一つの例として
先日、出張先でホテルにチェックインした時のこと。
「こんにちは、予約した川口です。」
「川口様、お待ちしておりました。」
と言いながらフロントの女性が予約状況を端末で調べています。
するとその女性がさわやかな笑顔でこう言いました。
「川口様ご予約を頂きありがとうございます。
誠に勝手な申し出で恐縮ですが本日○○円の差額で
今のお部屋のおよそ倍の広さのお部屋もご用意できますが・・・。」

私はその申し出を受けて、広い部屋に変えてもらいました。その女性はマーケティング的に言うとアップセルに成功したわけです。

ある日、レストランに入りました。応対してくれた女性は目を合わせもせず、「喫煙、禁煙どちらですか?」
と能面のような表情で聞かれました。同じサービスを受けるなら笑顔がいいですよね。

出張先でコーヒーショップに入りました。応対してくれた男性はさわやかな笑顔で 「店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」
と言いました。私は持ち帰ってホテルで飲もうと思っていたけれど、笑顔とお店の雰囲気がよいので店内で飲むことにしました。同じサービスを受けるなら笑顔がいいですよね。
きっと、あなたも同じサービスを受けるなら笑顔がいいでしょ。それはあなたの会社やお店にやってくるお客様もきっと同じです。

「笑う門には福来る。だからいつもニコニコしている人が金持ちになる。笑顔は1円のコストもかからない最良の戦略なのである。逆に自分の感情をコントロールできない人は金持ちになれない。」
(客家大富豪の言葉)・・・しかも笑顔でいるとストレスが緩和されて 免疫力もアップするそうです。


319

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2017年11月3週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『内的基準と外的基準』

あなたが「この仕事はよくできた!」と感じた時のことを思い出してください。
さてあなたはその時にどうしてよくできたと思ったのでしょうか?

「自分の納得のいく仕事ができたから」「やりきった感じがあって、満足したから」でしょうか。

それとも「上司からほめられたから」「お客様に喜んでもらったから」でしょうか。

前者は内的基準型というタイプで、後者は外的基準型というタイプです。
内的基準型の人は自分の価値観を元に仕事の成果を判断します。
一方、外的基準型の人は周りからの反応、情報を元に仕事の成果を判断します。

部下を引っ張る強いリーダーシップを発揮するためには内的基準型の人が適していますが、セールスや接客等相手の要望を汲み取り、それに対応するという職種には外的基準型の人が適しています。

もし、あなたのお客様やスタッフが内的基準型傾向が強い人であれば、
「最終的に決めるのはあなたですが。」
「あなた次第です。」

と提案するとよいでしょう。

一方、外的基準型傾向が強い人であれば、
「多くの人が言っているように・・・」
「みんなに注目されますよ。」

といった説明をすると受け入れてもらえる可能性が高まります。

320

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2017年11月4週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

反応の良いキャッチコピーを書くためのコツはお手本となるコピーをマネして、自社に応用することです。今回は雑誌、新聞、サイトや書籍タイトル等で見つけたお手本となるキャッチコピーを紹介させて頂きますので、あなたの会社やお店でのコピー作りの参考として下さい。

『お金持ち10人の○○研究』

お金持ち10人の研究なんて興味が湧きますよね。
そして、10人という「数字」を含めている点が重要です。

例えば
「素肌美人の洗顔法」よりも
「素肌美人10人の洗顔法」
の方が読み手は興味が湧くはずです。

「英検1級合格者の勉強法」よりも
「英検1級合格者10人の勉強法」
のコピーの方が訴求力があります。

「良い第一印象の作り方」よりも
「営業の達人10人に聞いた!良い第一印象の作り方」
の方がインパクトがあります。

「転職に成功するエントリーシートの書き方」よりも
「転職で成功した10人のエントリーシートの書き方」
の方が知りたい気持ちが膨らみます。
2人とか3人という数では少なすぎますが、10人という「数」があれば、読み手の興味を十分に
引くことができます。