2018年5月1週号

今月の近代史19

見捨てられた被爆者たち ジュノー博士が原爆投下後の広島・長崎を救援するためヨーロッパ各国で救援活動を組織しようとしたところ、日本側が「広島救援の必要はない、我々が独力でやる」となり救援活動ができなくなってしまった。
松永医師は広島の窮状をジュノー博士に訴え続けたのである。しかし、被爆者を日赤は裏切ったのである。
「ドクター・ジュノー武器なき勇者」大佐古一郎著
大佐古はジュノー博士が住むジュネーブを訪れた。そしてICRC〔国際赤十字〕のビベール氏と会い、当時の記録を探してもらった。それによると
ビベール:ICRCの広島救援がしなかったことを資料に基づいて答えると、ジュノー代表は
     広島県や広島赤十字病院へICRCの救援物資を送ることを約束しました。彼は      東京に帰ると広島を救援することが急務だとするジュネーブへの要請文を起草しましたが、その電報を打つことはできませんでした。GHQは『打電の必要はない』
と言ったんです。その理由はGHQと日本政府の終戦連絡事務局で日本側委員が『広島救援の必要はない、我々が独力でやる』と言ったからだというのです
大佐古 :その終戦連絡事務局の構成や日本側委員の氏名は分りませんか
ビベール:終戦連絡事務局の内容は、ここではわかりません
ビベール:広島救援の必要がないと言ったのは終戦連絡事務局だけでなく、日赤でも『そのようなものをもらっても仕様がない』と言っています
ビベール:ジュノー博士のレポートに書かれていることを伝えました
私にはその委員の推測はついた。戦争中は軍閥、財閥に迎合して戦争に協力し、敗戦後は事大主義、事なかれ主義の環境の中で、親方を日の丸から星条旗に変えて、被爆者の苦しみをよそにぬくぬくと生き延びた連中だ。

ジュノー博士とマッカーサーの会見をジュノーの本から引用する
「人命と人血の価値が忘れられている。しかも人の尊厳までも」「武力は人間の問題の解決にはなり得ない。武力は無力である。それは最後のきめ手にはなり得ない…私のようなプロの殺戮者がこういうと奇妙でしょうが」「現在の武器と開発中の武器とで、新たに戦争が起これば、価値あるものは何一つ残らないだろう」「余りにもおおくのものが失われた。肉体の消耗は余りにも大きく、ここ20年か25年は次の大戦は起こり得ないだろう。しかしそれから後はどうなるのか。我々が人類を人類自体から守るため、全力を尽くさなければどうなるのか」
マッカーサーとジュノー博士の努力を裏切ったのは日本赤十字社である。日赤総裁は高松宮であった。天皇と高松宮がジュノーとマッカーサーの申し出を断ったのである。
被爆者たちの生き様
『原爆乙女の怒り』を引用
「お父さんが、もし幸子と結婚する男がいたら、家も建ててやる、何でもしてやると言っているのに、こんな顔では縁談がないの」
「私は8月6日が大嫌い。毎年各社のカメラマンが『ちょっとお願いします』と言ってぱちぱちこの顔を撮ってさらし者にし、6日が過ぎれば使い捨て。もういい加減にしてよと言いたくなりますが、この顔が役に立てばと我慢してきましたがもう嫌です」

ABCC(原爆傷害調査委員会)
被爆した人たちの体への影響を調査するためにできた。そのために原爆が落とされた。
『広島の嘘』から引用…占領軍は被爆者にピストルを付きつけ「あなた、軍法会議にかかってもいいですか」とおどし、少女を全裸にして、体のすみずみまでライトで照らし、挙句の果てに恥毛の発育状態まで検査する。そのために少女は気が変になってしまった、という報告がある。
ABCCの活動については、被爆者の不安、疑惑と非難の声が絶えなかった。健康の不安におびえながらも、日雇いにでなければ、その日を暮せない被爆者にとって、ABCCの検査に1日をつぶすことは深刻な生活問題であった。しかも、治療は一切しないばかりでなく、検査の結果も何一つ知らされなかった。被爆者が死んだと聞きつけると、ABCCは必ずやって来ては遺体を解剖させてくれと言った。ABCCは被爆していない人たちまで手をのばした。ある婦人は子宮組織を切り取られた、またある娘さんは強引な検査のために気が狂ってしまった。

政府は原爆の被害に驚き、広島と長崎に「臨時戦災救助法」を適用した。しかし現地の惨状を無視して、わずか3ヵ月後の11月には解除して多くの被爆者を見捨てた。
アメリカは放射能障害の死に至る克明なデータを収集研究するために、ABCCに「原爆の徹底的な研究のために被爆者の治療をしてはならない」と禁止した内部文書が2002年に公表され、現在なお約18,000人が追跡調査対象になっている。さらに驚いたことは、ABCCの実態が明らかになったのに、日本は一切反応せず、抗議をしなかった。
このことからも原爆がどうして、広島と長崎に投下されたか、の答えが分かると思う。
日本は長州テロに政権を取られて以来、隠ぺいとウソで覆いかくされた国になってしまった。

1967年のスリーマイル原発事故の時、アメリカ政府が放射能予防薬50,000人分を急きょ現地に送った。これは、広島・長崎で十万人のモルモットから抽出した放射能障害の予防薬だった。ABCCで抽出された薬はガンや発達障害を予防する薬としてアメリカで売られている。
チェルノブイリ原発事故のときにも使われた。

天皇は1947年12月5日から7日まで広島へ巡幸を行った。楠瀬知事は天皇の質問に対して次のように答えた。
広島の原爆の影響について人体の健康は、全く心配がなく、ただ植物が学問的に言えば多少影響を残している程度で、決してご心配はいりません。
―これと同じようなことを聞いた。東京オリンピック招致で福島の放射能は心配がないと総理が言っていた。放射能のことを知らないのか、無責任なのか―

『君は天皇を見たか』児玉隆也著1975年 より引用
宮本六襄61歳・会社員
私たちは天皇を2度見ました。1度目は、終戦直後、私が原爆孤児の寮に収容されていた小学生のころです。天皇は殿様のようでした。2度目は1971年の広島訪問でした。そのとき私は「天皇は象徴やなか、笑徴、恥や」と思いました。広島にはもっと早く来るべきでした。
しかも、自分の意思で。
下口輝明37歳・農協勤務
1度目の原爆孤児院では、天皇が来るというので施設の昼めしがごちそうでした。天皇よりも食べものを覚えています。天皇は「あーそお、あーそお」とだけ言いました。ぼくらの関心は、チョコレート色の車についている菊の紋章が、純金かメッキかに集中しました。
1971年の天皇は、慰霊碑までまっすぐ歩いていって、まっすぐ帰ってしまった。いまだに苦しんでいる被爆者にも会わずに、大企業の工場を見に行った。あんなことをしていたらあかんと思いました。
今田恒雄37歳・施設指導員
私も原爆孤児院にいました。おかげで有名人にもおうてよかったと思いますよ。しかし私が育ってきたのは、社会の恩恵であって、天皇におきかえたことは1度もありませんでした。
1972年のときも、天皇のことなど前日まで思ってもいませんでした。そのとき、天皇が来るというので、農事試験所のバカが、梅に薬をかけて花の咲く時期を遅らせました。天皇はそんなことも知らないで、きれいだね、と言ったそうです。
皇太子が天皇になれば、もっともっと利用されるだけの時代が来るでしょう。
高橋広子・飲み屋経営
聞き書き「陛下さま この金いりませぬ」
陛下は、天皇は、あの人は、いったい何しに去年この広島へ来んさったんですか。どうして26年もたって、のこのこと帽子振りに来たんですか。うちゃあ、腹あ立ってどもならん。
うちゃあ、その2,3日まえから、口ではいわんですよ、口でいわんが、よしいっちゃろか と思うとった。いって、あの人の前へとび出して、
「陛下さん、あんたの腹からのことをここでしゃべってみい。“あっそう”いうて帽子ふっとるだけじゃ、うちゃあ納得できん。おれが納得するまであんたの腹からのことをしゃべってみい。 あんたの腹ん中を見せてみい。」
そういうて、あの人にくってかかるうちを考えとった。うちゃあこのとおり軽いから、イリコつまんだようにつままれ、はじき出される姿が、寝とっても頭んなかをめぐってね、いよいよ情けのうてねえ。あの人、慰霊碑に花おいて、老人ホームへ行って、それだけじゃあないですか。年寄りたちが「陛下さま来られて、これで思い残すことがありません」いうた。
うちゃあ「あんたがたこれだけ悲しんでおって、何がありがたいか」と、新聞引き裂いて泣きました。そのあと、あの人は、天皇は、何をしたですか。原爆病院にも行かず、無縁仏にも行かず、こともあろうに、そのあと東洋工業ば行った。社長の案内で自動車工場を見た。自動車見る暇があったら、27年間も、女房子供にも己が顔みせんと、己がケロイドの顔を包帯の中にとじこめて、屍のように生きとる被爆者に、どうして「チンがすまなかった」というてやらんですか。
あの人は、帝王学かなんかしらんが、自分の意思をいわん人やと聞いた。あの人に罪はない、原爆病院行くかわりに、自動車会社へ行かせた県や宮内庁の役人が悪いという人もいる。それならば、なぜ、戦争をやめさせたのはあの人の意思やという、“歴史”があるのですか。
「神やない、おれは人間や」というたのですか。美談だけが残って、なぜ責任は消えるのですか。
うちゃあ情けのうて、へも候や。
医師は未知の兵器による未知の病気を診断することができず、死亡診断書にも「血を吐いて死んだのだから肺結核だろう」と推定の病名を書き、原爆症は闇から闇へ葬られた。
原爆後遺症については研究発表はゆるされず、臨床医学のなかった当時の状態である。
広島の平和公園に行った人なら、埴輪をかたどった原爆慰霊碑を知っている人は多いと思う。しかし、公園の北のはずれの「原爆供養塔」はあまり知られていない。
この供養塔の芝生で囲まれた土まんじゅうの地下安置所には12万から13万と推定される 無縁仏の骨が、引き取り手もないままに眠っている。
名も知れない犠牲者を広島市が供養することになったのは昭和21年からである。 墓碑銘はアメリカの占領政策をはばかって原子爆弾の文字は伏せ「広島市戦災死没者 供養塔」とし、納骨堂とは名ばかりのバラック建ての小屋に安置された。

このまんじゅう塚の12万から13万の死者たちは、名前が確認されないという理由で死者数にも入れられていない。
多くの被爆者たちが日本政府と日本赤十字社により見殺しにされた。ジュノー博士の申し出を拒否したのである。
国民を苦しめる続ける日本
「自民党・公明党の安倍政権による日本政府広報」2014年8月17日
(読売新聞・毎日新聞・朝日新聞・産経新聞・日本経済新聞・福島民報・福島民友 PR欄)
―放射線について慎重になりすぎることで、生活習慣を悪化させ、発がんリスクを高めている―
全身に2000ミリシーベルトの放射能を浴びた方も多かった広島や長崎でさえ遺伝的影響はなかったと考えられています。…国際的にも100ミリシーベルト以下の被ばく量では、がんの増加率は確認されていません…100~200ミリシーベルトでも発がんリスクは野菜不足と同じくらいです。…国際放射線防護委員会(ICRP)は「10ミリシーベルト以下では、大きな被ばく集団でさえ、がん罹患率の増加は見られない」と発表していることからも、福島では被ばくによるがんは増えないとかんがえられます。
                東京大学医学部附属病院 放射線科准教授 中川恵一
日本甲状腺学会理事長だった山下俊一はヨウ素剤を配布させなかっただけでなく、甲状腺学会の全医師あてに「2次検査をしないように」という趣旨の要請書を送っていた。 御用医者は上記の2名の他に長滝重信、高村昇、神谷研二、明石真言らが福島の放射能は心配することはないと言っていた。
当時の原子力安全委員会の久住静代は年間被ばく線量限度をいきなり「20ミリシーベルト」を提案し決定した。
マスコミが報道しなかったことの一つとして、2011年3月14日に当時の石原知事は「震災は天罰だ」「津波で我欲を洗い落せ」と発言した。
チェルノブイリでさえ5ミリシーベルトで強制避難させられた。原発労働者ががん等で亡くなった場合の労災認定基準も5ミリシーベルトである。
武家社会だった日本が長州テロ政府によって、京都に天皇はいたが明治以降から急に無理やり天皇制国家(政治的創作)を強制し、そして、全体主義国家にしてしまった。 「数えきれないほどの悪法をつくり」「遇民政策」「弾圧」「隠ぺい」等で国民がまともなことを言えないようしてしまった。
日本の法律は権力者が自分たちの都合の良い解釈ができるよう、意図的に曖昧な表現が使われている。それと、権力をしばるためにある憲法にうたわれた理念が指針の役割をはたしていない。憲法改正を権力者が言うこと自体がおかしい→自分たちへの縛りをはずすことが第一目的で、やりたい放題なんでもできてしまう。
自民党は建前は天皇を尊重する立場を表明している。しかし、本音は天皇の意思に反する方針を掲げている。「憲法改憲」「万世一系」「歴史認識問題」「天皇の元首化」「民主主義の否定」
「国旗・国歌問題」「憲法違反の法律制定」「靖国問題」等、天皇の意思を否定、無視している。明仁天皇は現行憲法が日本の伝統に沿うものであると述べている。

342

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2018年5月2週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『同調』

心理学の実験に次のようなものがあります。
集団の中に一人の被験者を入れます。その他の集団構成員は全員が「サクラ」です。

その集団に対して簡単な問題が示されます。この時に一人目のサクラが「わざと間違った答え」を述べます。それに続いて集団内のサクラが次々と「わざと間違った答え」に賛同し続けます。

するとサクラではない被験者も「その答えは間違っている」ことに気が付いていても「わざと間違った答え」を支持する確率が高まることが分かりました。これを同調と言います。そして賛同する人数が3~4人の時に、この同調効果は最大になることが実験から分かっています。答が正しいか間違っているかではなく、周囲の人がどう考えるか、どう行動するかが判断に影響を及ぼすことになります。

この人間の同調心理を仕事や私生活で具体的にどのように応用すればいいでしょうか?例えば・・・
・大切な打ち合わせには必ず3人の自社スタッフを連れて行く。
・会議の前に根回しをして賛同者を3人以上そろえる。
・試着したお客さまに「まあ、お似合いですよ」と3人以上のスタッフにほめてもらう
・ホームページの喜びの声は3人以上掲載する。
・自信の持てない社員には3人以上から励ましてもらう。
・新規開店のお店には常に3人以上の行列ができるようにする。
・スタッフをほめる時には同じ長所を3人以上の人からほめてもらう。
・自社や自社の商品に対して3人以上の推薦をもらう。

っといったように同調の心理を仕事に応用することができますね。
もちろん交渉内容や商品の質を高めることは大切なのですが、それと同様にこのような簡単な人間心理を理解しておくだけでもより効果の高い説得やセールス、販促を実施することができます。


343

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2018年5月3週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『なぜとなにが』

(部下)「すいません!できませんでした・・・。(泣)」
(上司)「なに!!なぜ出来なかったんだ??(怒)」
(部下)「それはですねえ・・あの・・・。えーと、クライアントの状況が・・・(汗)」

上司は「なぜ?」「なぜ?」と聞きます。すると部下はその答を探すのですが、「なぜ?」と問われると自分が責められているように感じ、「言い訳」を探すことが多くなります。また、自分を防御しよう、守ろうとする意識が強くなります・・・これは幼児体験に起因しているという説があります。

私たちが子どものころ、親に怒られる時に「なぜ、片づけができないの?」「なぜ、そんなに汚すの?」
「なぜ、お母さんのいうことが分からないの?」と言われたことが多い。
そして、この時の「なぜ」という言葉と、相手から責められている感じが無意識に残っているからだと。

ではこんな時、相手を萎縮させずに、次の第一歩を踏み出しやすくするためにはどうすれば良いのか?
それは「なぜ」ではなく「何が」を使うこと。

例えば次のように言い換えるのです。
何が君のノルマの達成を妨げたのだろう?」
何が原因でこんな事態になったんだろう?」
何が納期を遅らせたのだろう?」

「何が」を使うと今の結果を生み出した要因に意識が向き、客観的に根本原因を見つめることができようになります。これはコーチングのスキルなのですが、簡単に使えるスキルなのであなたも「なぜ」と言いそうになったら、「何が」と言い換えてみてください。
きっと、今までとは違う反応が相手から返ってくるはずです。

344

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2018年5月4週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

反応の良いキャッチコピーを書くためのコツはお手本となるコピーをマネして、自社に応用することです。今回は雑誌、新聞、サイトや書籍タイトル等で見つけたお手本となるキャッチコピーを紹介させて頂きますので、あなたの会社やお店でのコピー作りの参考として下さい。

『○○は3月中にはじめると、おトクです!』

人ってなかなか動きません。
「もう少し考えてから決めよう・・・。」
「えーっと、ちょっと後で・・・。」
「まだ、急がなくてもいいし・・・。」
などと、思っている間に、「そのこと」を忘れてしまいます。
だから、広告では期間を設けて、「今すぐに」動いてもらう
ことが大切です。期限や希少性を打ち出して「今動かないと損をする」
または「今動くとトクである」ということを明確に
伝えることもキャッチコピーの役割です。

『40歳をすぎたら、毎日の○○を習慣に。』

これもターゲットとなる年齢層が明確です。老若男女を広くターゲットにするのではなく、
自社の商品特性と訴求層を明確にすることが効果的な広告の基本です。

『○○で苦しんでいるお子さんに使ってもらいたい。』

子どもが苦しんでいる姿を見る親はつらいでしょうね。自分のために新しい寝具を買うのは躊躇しても、子どものためになるなら購入を決意する親御さんもいるでしょう。
自分のため、ではなく、自分の大切な人のためにどうぞ、というアプローチを行なっているキャッチコピーです。