2019年7月1週号

今月の社会学 消費税を納めず逆にもらっている大企業

消費税で巨額の富を得る大企業
消費者や中小企業が消費税の負担に苦しんでいるが、経団連に加盟している大企業は消費税を一度も納めたことがない。逆に、消費税をもらい続けている。だから、消費税の導入に賛成し、増税にも賛成している。
下の表はトヨタの3,231 億円、日産の1,190 億円と消費税(輸出還付金という名目)をもら っている金額である。

上の表は大企業が消費税を納めず、税務署が大企業に消費税を差し上げているために、赤字の税務署です。
これらの大企業はすばらしい“経営理念”があるが、あくまでも表向きのことであり、本心は自分だけよければ良いとする考えしかない。本音の経営理念は1.自民党に献金し、官僚の天下りを受けることで自分たちに都合のよい法律を作らせる。 2.従業員は正規を減らして非正規を増やす。→固定経費の削減と非正規を使うことで補助金がもらえる 3.消費者や下請けが税金の負担が増えて苦しくなっても関係ない。→法人税の減税、受取配当金の非課税、消費税を納めず逆にもらっているため、税率がアップすれば収入が増える。
大企業の内部留保は450 兆円と過去最高額となっている。
高額所得者は所得が1億円を超えると税金負担が大幅に下がる。利子配当所得及び株式譲渡益については、20%の税率での分離課税がみとめられている。所得税は建前では所得が増えるほど税負担が高くなるようになっている。
消費税は社会保障に使われずに、大企業や高額所得者の減税の穴埋めに使われている。しかも輸出大企業は消費税は一銭も納めずに逆にもらっている。
「悪貨は良貨を駆逐する」とあるが悪 (J 党,K 党,I 会,官僚、財閥、マスコミ等)は弱者から絞るだけ絞っている。こんな国は他には無いと思うが。

398

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2019年7月2週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『チャレンジを成功させるコツ』

何か新しいことに挑戦すると必ず壁にぶち当たります。そこであきらめると何ごとも身に付きません。
人はなんであれ習得する、学ぶ時には次の段階を通ります。
(1)無意識的無能 (2)意識的無能 (3)意識的有能 (4)無意識的有能
これを学習の四段階と言います。例えば車の運転を例に説明をしてみましょう。
「車を運転したい、運転しよう」と意識しなければ、運転はしないし、できません。
これは(1)無意識的無能な段階。
次に「車を運転したい、運転しよう」と考えて、教習所に行くけれど、
上手く運転できません。これは(2)意識的無能な段階。次に意識をしながら
アクセルやハンドル操作をして、どうにか運転ができるようになります。
これが(3)意識的有能な段階。その状態を続けると運転に慣れて
鼻歌交じりに楽々運転ができるようになります。
これが(4)無意識的有能な段階。

スキーであれ、野球であれ、ゴルフであれ、ダンスであれ、車の運転であれ、英会話であれどんなことも学ぶにはこの段階を経ます。そして、一番、つまずきやすく、メゲるのは(2)の段階です。この時にたいていの人は迷い、とまどい、悩み、イライラして、あきらめようと感じます。そして、諦めます。ここが一番の肝なのです。

だから、もし、あなたがどんなことであれ何かを身に付けようとしていて、迷い、とまどい、悩み、イライラして、あきらめようかと感じている自分に気づいたら、自分にこう言ってください。
「よっし!順調に第二段階に来た!」迷い、とまどい、悩み、イライラして、あきらめようかと感じているのは、あなたが第二段階に進み、第三段階へ向かおうとしている証なのです。


399

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2019年7月3週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『相手の頭の中を読む方法』

目の前にいるお客様の視線が右上(私から見ると左上)に向いている時にはその人は頭の中で映像を思い描いています。もし、相手の視線が右横を向いている時には頭の中で言葉や音を探しています。
もし、視線が右下に向かっていたらその人は何かを感じ取ろうとしています。

これは右利きの人の8 割に当てはまるアイ・アクセッシング・キューという視線分析法です。

そのため打ち合わせの場で目の前の相手の視線が右上に向かっていたら「どんなイメージを描いているのか教えてもらえますか?」と聞けば良いわけです。
すると相手は頭の中で見ていた視覚イメージを話してくれます。

視線がよく左右横方向に動く人なら言葉や音に鋭い感覚を持っている可能性が高いので、資料などを基に理論的に話すことを心掛けましょう。

もし、相手の視線が下を向いていて間が空いたなら、それは何かを感じ取ろうとしているので、急かせずに時間を取って相手の返事を待つのが良いでしょう。

このような対応を心掛けるだけで相手はあなたに対して「この人は私のことをよく分かってくれる」という印象を持つようになります。

400

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2019年7月4週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

反応の良いキャッチコピーを書くためのコツはお手本となるコピーをマネして、自社に応用することです。今回は雑誌、新聞、サイトや書籍タイトル等で見つけたお手本となるキャッチコピーを紹介させて頂きますので、あなたの会社やお店でのコピー作りの参考として下さい。

■『おいしく!冷えてます。』

これは駅売店のアイスクリームケースに書かれていたキャッチコピーです。
ケースはアイスを冷やすための箱ですから、ケースには何も書かなくても良いわけです。

あるいは単に「冷えてます」とか「アイスクリーム」でも良いわけです。

でも、わざわざ
「おいしく!冷えてます。」
と書く商品が魅力的になりますね。

看板に「営業中」と書いても良いけれど
「今日も元気に営業中」
でも良いわけです。

「仕込み中」でも良いけれど
「喜んで頂くために一生懸命仕込み中」
でも良いわけです。

「休業日」でも良いけれどv 「只今、新メニュー開発のため勉強中。今日はお休みです」
でも良いわけです。

たった一言だけど、その一言が一事が万事。一言に神は宿る。