2019年9月1週号

今月の社会学 消費税増税のためのプロパガンダ

借金だけを強調して資産を言わない
国の借金は1,000 兆円、国民一人当たり900 万円の借金という計算になると財務省発表をNHK を筆頭に全マスコミが報道している。下の表は日本国のバランスシートです。

バランスシートで資産が 647 兆円あります。
国債の所有者内訳をみると政府がどこから借金をしているかがわかる。それによると 日本銀行:44.71% 保険年金基金:23.78% 預金取扱機関:15.92% 海外:6.16% 社会保障基金4.96% その他金融機関:2.38% 家計・NPO:1.26% 非金融法人企業:0.82%日銀と政府は一体のもので、借金を大きく見せるためである。また、日銀を除いた残りのほとんどは国内の金融機関である。これが消費税増税の洗脳である。また、日銀が保有する400兆円の国債が資産に含まれている。政府が借金している大半は国民のカネということである。
「国民一人当たりの借金」という表現は不適切で、大ウソである。政府の借金を国民にすり替えている。資産は言わないで借金を水増しして、国民に増税を納得させるためのプロパガンダである。
プロパガンダのネタ元は「(御用)経済学者?」「(御用)経済専門家?」等は財務省の役人から聞いたことをそのまま話ている。=ドクターX の「御意」と同じ。
無能で勉強もしない御用学者やシンクタンクのアナリストたちは財務省のポチとなって、ウソを発信している。
消費税は97 年に3%から5%に上がって景気が落ち込んだのを無理やり操作をして景気が上がったようにみせかけた。これによって「デフレ不況」に日本は突入した。
時の橋本総理は4年後の自民党総裁選で「私の財政改革は間違っていた」「これで国民に多大の迷惑をおかけした」「国民に深くおわびしたい」と自民党議員にしては珍しく謝罪した。

一般会計税収の推移

消費税が税収の30%を超えている。2014 年に消費税が5%から8%に上がったにもかかわらず政府の消費税収19 兆円は大企業への「輸出戻し税=消費税還付金」が6 兆円になるため、実際の手取りは13 兆円である。過去にも書いたように大企業は消費税を納めていない。他にも大企業の優遇措置は 試験研究費の控除で1兆5361 億円、受取配当金不算入(利益に入れない)2兆3722 億円、連結納税4397 億円、株式発行差金への非課税(会社に株主から払い込まれる金)0で合計6 兆7973 億円が減税となっている。
上の表から分かるように2015 年 56.3 兆円から2018 年 60.4 兆円の一般会計税収合計のうち消費税還付金が毎年6 兆円と優遇措置による減税が毎年6 兆7973 億円の合計12 兆8000 億円が毎年大企業のために使われている。消費税が2019 年10 月より増税されたことによって大企業はさらにもらう金額が増える。従って、経団連は消費税のアップに賛成の理由はここにある。
著名大学出身の頭が良い人間だといわれている財務官僚は経済のことは全く理解せずに景気を冷え込ませる消費税を作り、そして増税を繰り返ししてきた。その結果、日本だけがこの30 年間 経済成長できなかった。本来なら国民が豊かになるように優秀だといわれる頭を使って経済成長させることが大きな税収となってかえってくる。
著名大学を出なくても「経済成長政策」をしたほうがいいことは分かるはずである。国民のことは全く考えていないことが明らかである。

406

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2019年9月2週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『利益をどこであげるか?』

「本を出版すると印税ががっぽり入ってイイですね!」
と言われますが、それは10万部とか20万部とか売れる作家の話です。
ビジネス本は初版が4000部程度だから、1,500円の本が初版分全部売れて印税が10%なら60万円程度です。
ではどこで利益を出すのか?
それは目に見える本ではなく目に見えない講演、コンサル、研修です。

同様にある激安通販でカニを販売している会社のお話です。
その会社の利益はカニの販売自体からは生まれているのではないのだそうです。
どこから出ているのだと思いますか?
なんと、宅配代。宅配業者と安い配送料金の契約をしてお客様に請求する宅配代金と宅配業者に支払う代金の差額が利益の大半なのだそうです。

旅行会社の利益は当時国内旅行の利益はわずか数パーセント。
利益の大半は旅行費用からは出ていませんでした。どこから出ているのだと思いますか?
それは観光地の土産物屋や宿泊施設からキックバック(一定割合で支払われる報奨金)です。
米国にはなんと食事代が無料のお店があると聞いたことがあります。
利益はどこから出るのか・・・飲み物から利益を出すのだそうです。
いろいろなビジネスモデルがありますネ。


407

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2019年9月3週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

『人はハロー効果に影響を受ける』

ハロー効果のお話です。ハロー効果とはある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。光背効果、後光効果とも呼びます。

有名大学を卒業しているということと、ビジネスパーソンとして優れているかどうかは本来関係のないことですが人はその人を優れたビジネスパーソンであると評価しがち・・・それが人間心理です。

英語ができることと、仕事ができることは本来、関係のないことです。しかし、実際には英語のできる人を優れたビジネスパーソンであると評価しがち・・・それが人間心理。

家柄の良さと性格の良さは本来関係のないことです。しかし、人はその人を性格的にも優れた人であると評価しがち・・・それが人間心理。

一つの目立つ、良い、際立った特徴があれば、人は他のものも良いと評価しがち・・・それが人間心理です。そのため商売人であるアナタの名刺やサイトやブログや会社案内や営業資料のプロフィール欄に記載する内容や写真の見栄えというのは軽んじてはいけないですね。

商品販売ページはちゃんと作られているけど、会社案内や社長紹介のページがお粗末なサイトやブログを見受けますが、会社案内や社長紹介のページに記載する受賞歴、入賞歴、資格、経歴、実績、PR コメントや顔写真は特に気をつけて作りこんだ方が良いでしょう。

408

◆集客・営業・広告・販促・マーケに役立つビジネスコラム 2019年9月4週号

■集客・営業・広告・販促に役立つ心理マーケティング

■『ほったらかし○○術』

このキャッチコピーは「ほったらかし」という言葉がいいですね。
無から有は生じない、労せずに手に入るものはないと、虎穴に入らずんば虎子を得ずとは分かっていても惹かれる言葉です。

「ほったらかし痩身術」
「ほったらかし子育て術」
「ほったらかしアフィリエイト術」
「ほったらかし退職金運用術」
「ほったらかし記憶法」
「ほったらかしゴルフ上達法」
「ほうったらかしで資産を増やす!株式投資術」
「ほうったらかしで育つ!カンタン家庭菜園術」
「ほうったらかしで売上アップ!POP コピーの書き方」
「ほうったらかしでポイント倍増!賢い電子マネーの使い方」

人間だれしも「楽」をしたい。
できれば放ったらかしで利益を手に入れたい。そんな人間の本音を刺激する言葉です。